2011年9月のブラウザシェア


2011年9月のIE6カウントダウン

これは毎月追ってみようと思うのですが、
いつになったらインターネットエクスプローラー6がお亡くなりになるのか。
についてです。

IE6 Countdown
http://www.ie6countdown.com/

について書こうと思います。
さて。カウントダウンというかカウントアップしているようですが。。。

日本に限ると先月よりも0.1ポイントアップ↑↑
先日お仕事先のところのウィンドウズにはIE7入ってました。
VISTAでしたがIE9にできませんでした。

正直月単位だと変化ないですね。
IE9の普及率が「8.72%」だそうです。
IE6が「8.60%(カウントダウンのほうだと9%)」ですから、
やっとIE9がIE6を上回った。ということですか。

*通常版と別で「TheWorld Edition」「Maxthon Edition」などがあるようで、
それらを合わせると9%になるようです

なんかやれやれです。IE8も緩やかな下降で30%を切りましたが、
IE6、IE7からの流入も考えるとまだまだ厳しい数字。

2011年10月現在のレガシーブラウザの世界的シェア率
IE8 〜〜〜 29.91%
IE7 〜〜〜 6.05%
IE6 〜〜〜 8.60%

2011年9月のIE6カウントダウン

Windows XPの現在。


Windows XPの世界的なシェアは
本日現在「52.46%」あります。

このOSには今現在、
一応マイクロソフトのモダンブラウザであるIE9は、
インストールできません。

約30%の人たちがIE8ユーザーです。
これを解決するには XP 用のIE9を
リリースすることだと思うのですがいかがですか?

MSのロードマップ的には1OSがサポートする
IEのバージョンは3種までというルールがあるようです。
技術的にどう、ということではなく、
Windows 7なりWindows 8を買ってほしい。
というのがMSの本音です。

*その証拠にアンオフィシャルな方法で
 XPへのIE9のインストールは可能です。

WEB制作の人は
IE6のレガシーに悩まされた次の未来は
IE8のモダンブラウザプロトタイプに
悩まされることになることはもう確定です。

まあ、このタイミングでXPのIE9がリリースしたとすれば、
買い替えに走る波もぴったりと止まるでしょうね。。。
もしくはめちゃめちゃ重い仕様にして
「新しいソフトは新しいマシンじゃないと!」
と、思わせる。というのも作戦としてはありじゃないかと。。。

2011年8月のブラウザシェア


IE6 map 2011/08

ブラウザシェアはいつも気にしてみてます。
何が気になるかというと。IE6がどのくらい減ったか。です。

今現在日本でのIE6のシェアは7.0%
だいぶ、下がってきたかなと思います。
あとはWEB制作の人とかがチェックしているシェアが
このうちの何%なのか。が、気になりますね。

The Internet Explorer 6 Countdown
http://www.ie6countdown.com/

IE6 map 2011/08

自分も検証用としてもちろん(不本意ですが)使ってます。
アジア圏にIE6ユーザーが根強い。という結果ですが、
ほぼ先進国は2%前後。ということもちょっとびっくりです。
日本のことしか基本的に気にしてなかったので。

地図の分布状況から推察するに、
中国に収束している状態である。と、言えます。

・インド 8.9
・台湾 7.8
・日本 7.0
・ベトナム 6.8
・ホンコン 5.8
・タイ 4.0

4%まで落ちたらば、
IE6サポートは年内で良いかなあ。
と、本気で思えてくるちょっと嬉しい現実でした。
(世界的なシェアで、ここ半年での減少率は13.8%→9.7%)

*HTML5のアキレス腱と目されるIE8のシェアは世界シェアですが33.6%です。