さぼってました。


マーリンマンのあとはストロング・ザ・武道戦で
第一クールが終了でした?(汗)

ああ。キン肉マンも戦ってた!!!
キン肉マンは「風林火山」がみれたのがよかったなあ。

キン肉マンは大技を出し過ぎ。ってのが、たしかにあるかも。
なんで試合が派手だけど魅力が薄い。という印象。
イロモノ試合だったり相手が反則的なギミックのある感じで
そこを力技で解決。みたいなところはあったかな。。。

対戦相手が変な格好のイケメンだったのも面白かったと言えば(笑)

で、1クール目の最後。

ザ・魔雲天の「格」が下げられていたのが悲しかったかな。
見せ場やストーリーはあったけど、なんかイイやられキャラ。
っていう扱いが可哀想かな。。。

まあ、あとあと復活してくるであろう
「ストロング・ザ・武道」の踏み台にされた感じでした。

そして第2クールですが。
もう大きなストーリーはどうでもいいです。
この対抗戦がなんなのか。っていうのも、
正直「キン肉マン」連載再開のときからすでに、意味が分からないので(笑)
なんでインターバル〜対戦カードまでがなんか盛り上がらないです。

それよりもやっぱり古くからのキャラを振り返る(思い出を汚す)
ところがミソです。これを温かく楽しむのが個人的な立ち位置です。

●ブロッケンJr.
連載の話の中ではウォッチマン戦以来の正式な勝利では(苦笑)
ブロッケンJr.個人的には好きです。
荒っぽくて技が派手で、人間味があって、ちょっと可哀想なところが良いですが。
まあ、強いブロッケンだったらそういう持ち味がなくなるのかもしれません。
あと制服もいいですよね。帽子を取ったときの感じは。。。
髪はあったほうがいいですね。本当は。。。

結果「雑な人」みたいな感じで描かれてました。
なんとなく消化不良。

●ラーメンマン
個人的にはブロッケン(親父)との対決がベストバウドで、
あとはモーターマン〜バイクマンの二連戦が良かったかな。

なんとなくラーメンマンは人気キャラではあるけど
試合が地味な印象があります。

あと、ブロッケンとの親の敵であり師匠である。
って部分を、うまく描けてないですね(苦笑)

初対面からコンクリマッチまでは良かったけど、
その後曖昧になっていたのをここで蒸し返してもなあ。。。
なんとなく立場的には対等だったのをブロッケンの格をちょい下げしてます。

今回の試合運びも、「大人」って雰囲気を出したいのもあると思われますが
なんとなく、地味に感じてます。うーん。
王位争奪編の衣装だったら、対戦相手とかぶってだめだったのかなあ。
ラーメンマンの衣装もドラゴンを動かしたりできたから、
ちょっとイロモノ試合になってたかもしれないけど。。。

ということで、多分気が向いたときにまとめて書く方式に変更します。。。

2011キン肉マン 21


アトランティス VS マーリンマン続き

アトランティスの負けフラグ?

しかし両者とも水の中で動ける、
以上のプレミアムが見えないので、
どちらが勝ったにしても、これ以上の展開が難しそう。

今回のポイントは悪魔超人が「ツンデレ」集団であり、
実はいい人たちだった。っていう。。。

リアルなプロレスでもヒール(悪役)やっている人は
実はいい人。っていう話は多いです

*その分ベビーフェイスが性格が悪い人多い。とも。。。

まあ、これはプロレスに限ったことではないかもしれませんが。

来週は取材のためお休み。とのことです。
ハイスパートな展開だったので
そろそろ息切れしてきたところかな。。。

予想としては血の海になって中継できなくなって、
ザバーン。(ザワザワ……)マーリンマンの勝利。
というところかと。
もしくは少年の気持ちが通じての
まさかの引き分けも可能性としてはなきにしもあらず。

次回も期待!

2011キン肉マン 19-20


アトランティス VS マーリンマン
悪魔超人の俺たち魔界生まれのワルアピールから
なんかテーマが見えてこないパーフェクトラージナンバーズ。

マーリンマンの受身達人アピールも
なんか間抜けな。。。お笑い用員?

ロビンマスク戦を馬鹿にするな!
はこれ負けフラグか?

アトランティスさんはなんかあか抜けない感じがあって
存在感イマイチ。

ミート君のパーツをエサに技を逃れる
クレバーなところが過去の魅力に思えて
その辺がでてこないのが厳しいかな。

この続きは連休明けです。

2011キン肉マン18


悪魔超人ついに1勝!

ブラックホールさん辛勝でした。
悪魔超人サブレギュラーではザ・ニンジャと並ぶ優遇枠でしたが
悪魔超人枠がまさか全員踏み台役かとハラハラしていた
中での価値ある一勝でした。

ダルメシマンのトリッキーさは残念。もう少しみたかったです。

(2011)キン肉マン 第16、17話


ザ・ブラックホール VS ダルメシマン編の
ダルメシマンの攻撃ターン2話分。でした。

ダルメシマンの黒斑模様がいろいろ変化するのは
トリッキーな感じがなかなか良いです。

パーフェクトラージナンバーズの中で
やっと個性的な技を使う超人が!!

そしてブラックホールさんのブラックホール攻撃に
なんか玉を発射!(スペクトルボムというそうです)

この辺マジなのかギャクなのかわかりませんが
ブラックホールにつっかえるスペクトルボム。

これをコーナーポストで自爆的に取り出す
ブラックホールさん。

この辺の流れは多分ギャグなんだと思います。

来週あたり、亜空間に吸い込むんだと思います。
で、ダルメシさんが亜空間を牙でぎったんぎったんにしてブラックホールさん退場。かな。

次はアトランティスさんの出番でしょうかね。。。

希望的な予測としては
この辺でやられた方々が亡霊悪魔超人復活からのアトランティスさん勝利!
に。ならないだろうな。。。

(2011)キン肉マン 第15話


試合のテンポが早い!

ミスターカーメンはなんのインパクトも残さぬまま惨敗。
試合のスポットはダルメシ・マンとブラックホールに!
(この5試合同時進行。っていう設定は生かされてないような気が)

ステカセが今のところオイシイ活躍をした中勝利できず、
悪魔超人軍は連敗を重ねていくのか?というところ。

ブラックホールが顔の穴で足をとってのドラゴンスクリュー
と、影の中に忍び込んでバックをとってジャーマンスープレックスを決めました。

ブラックホールの見せ場はなんとなく終わった感じもしながら
ここで次回に続きます。
いやー。ブラックホールは当初のボス予定だった超人だけに
ここらで一矢は報いてほしいですね。
せめて引き分けくらいにはなってほしい。。。

悪魔超人軍で残っているのがアトランティスとマウンテン。

特にマウンテンは。まあ、負けるでしょう。

アトランティスといえば。亡霊超人という技(?)がありました。
ここで先に負けた悪魔超人の再登場あるか!?

あとキン肉マンの扱いやいかに!?

テンポが良すぎて中だるみがなく、イイ感じです!
次回も期待!!

(2011)キン肉マン 第14話


4話分さぼっちゃったか。。。

ステカセさん電源落ちて敗北。そこにバッファローマンさんとスプリングマンさんが
「よくやった!」と。狐サイン?

うーん。。。

まあ。いいか。次は
ミスター・カーメン(悪魔超人軍) VS クラッシュマン(パーフェクトラージナンバーズ)
です。

マキマキさん(ミスター・カーメンの口癖)が攻める攻める。
もっとマキマキさんってスマートなイメージでしたが、なんかすげーマッチョだなあ。。。
この何年かの間にビルドアップしたんでしょう。

あ。最初は顔だけでした。そして前回のブロッケン戦での教訓を生かし、
肩ではなく頸動脈をかみちぎろうとしてます。

うーん。。。で、石化!

しかし完璧超人は敵の弱点もリサーチ済(ほんとか!?)
なんと頭のコブラ模様をエルボー!

すると苦しみだしてムキムキの身体が現れるマキマキさん。

そこをクラッシュマンが必殺技アイアングローブ!

しかしマキマキさんは謎の脱出!?

なんと身体がバラバラになるの術。。。
えええ。。。

ここから乱入した野犬相手にパフォーマンスを決行!
「野犬がカーメンの血に反応」と実況してるけど
ダメージは受けているのかな???
とりあえず野犬の水分をストローチュ〜チュ〜して
ミイラ一丁!

からの。ミイラパッケージ!

やっぱ事前パフォーマンスして余裕かましちゃってるし
こっからボッコボコにされちゃうのかなあ。。。

マキマキさんの秘密は
なんとなく頭のコブラが伏線なのかな。。。

特徴は研究済!とか言う前に
なんか無造作に無効なパンチを出しているのは。演技?

(2011)キン肉マン(しばらくさぼりました。)


これだけは週1更新しようと思ってましたが
ちょっと忙しく。いえ。すっかり面倒になり、やめてしまってました。。。

ステカセキングが出てきて、やられちゃいましたね。
見せ場はちゃんと作って、相手の。ターボメンさんの超人パワー返し?
ですか。これもすごい。

プロレスには「受けの美学」っていうのがあり。
攻撃を避けずに受け続ける。そういう我慢比べ。という一面があります。
これを見事体現してました。ターボメンさんの弱点はもしかして。
攻撃ができないのでは?と。思いました。そんな浅はかで良いのかな。

語るところは沢山ありましたがすっかりさぼってましたのでなんとも。。。

そうそう「超人大全集」で
キン肉マンゼブラ/マンモスマン/ネプチューンマン/ウォーズマン
と変身したんでした。物凄くイイ感じでした。
そして謎のツンデレ発言。「ウォーズマン」でフィニッシュを決めようとしたのには
何か深い事情があるはず。なのに「たまたま」みたいなこと言って電源がオチました。

残念なところはステカセさんにはお笑い要員としてもう少しコミックファイトをしてほしかった。
ちょっとシリアスすぎじゃないか。と。
せめて超人大全集で「プリプリマン*1」を披露してほしかったなあ。

妙にカッコイイ散り方でした。

とりあえずステカセキングさんノックアウトのところまでで締めて
次は今週分を書くことにします。

*1 7人の悪魔超人初登場時の1コマ目に出現しておいてなかったことにされた超人
  2世でちょっと出てきた。顔がお尻というニコちゃん星人が6頭身になったみたいな外見。

(2011)キン肉マン 第9話


デジャビューの連続。
アイドル超人の故郷(?)に散ったパーフェクトラージナンバーズ。

ザ・ターボメン ソ連
ダルメシマン 中国
マーリンマン イギリス
クラッシュマン 東ドイツ
ピークア・ブー 日本
ストロング・ザ・武道 アメリカ

うーん、けっこう予想がずれました。

そしてキン肉マンが日本のエリアに向かう中。
5人の黒子が緊急参戦!!!

ソ連にはステカセキングさんが!
中国にはザ・ブラックホールさんが!

となると残りはトカゲとマキマキとお山さんか。。。
とりあえず復活したバッファローマンさんとか悪魔将軍さんは?
あと、ご長寿超人スプリングマンさんはいずこに!?

ステカセキングはいきなりテープはいってない!(*あ。ラジオ機能もあるんでした)
ブラックホールは顔面を殴らせるお得意のムーブからの登場。

2世が全般的に格闘技路線だったところからの反動なのか反省なのか
ここにきてキン肉マンっていうマンガが純粋なプロレスっぽい展開に。
もうここまできたらば過去の遺産を使い切って楽しい展開にしてほしいです!

ジェロニモさんがナチグロンのポジションに落ち着いているのが
ちょっと悲しい。。。ハワイチャンプ。。。

(2011)キン肉マン 第7、8話


今回は先週分と2話まとめて……。

テリーマンがマックスラジアルさんに勝利して
キン肉マン登場。

前回はそんな回でした。。。さくさく進むなあ。という感想。
なんか、薄い感じでした。

そんなこんなでモチベーションが少し下がり、
第8話にはマックスラジアルさんが下等超人に負けたことを恥じて自害。

うーん。。。
そのあとのテリーマンさんの発言がまた。。。
「オ…オレたちは殺し合いをしている訳じゃない!」
ドラゴンストップ。
新日本プロレスの橋本長州戦での藤波辰爾が放った迷言が来ました。

もしかして2代目武道の正体って長州力?橋本真也?

それはそれで面白いと思いますが。。。

まさかのドカベンプロ野球編ならぬキン肉マンVSリアルプロレス。

うーん。。。

これ、でも悪魔将軍さんが恐れて団結を考える理由としてはかなり妥当(笑)

とりあえずテリーマンさんはこのマックスラジアルさんの自害を理由に戦線離脱?

このあとなんとなく黄金のマスク編でみたような展開
(穴の先でリング用意して待ってます。)に流れつつ、
テリーマン個人からアイドル超人との軍団抗争に流れました。

しっかしイマイチ敵キャラのキャラ設定が薄いです。
この薄さは2世以降定着してますな。。。

復活悪魔超人編あたりから新キャラがまったく光っていないす。

スーパーフェニックスや悪魔将軍級の説得力のある悪役が欲しいす。
チームとしての演出で良かったのが7人の悪魔超人チームでしたなー。
– – – – – – – – – – – – – – – – –
ステカセキング 超人大全集を使ったトレーナー的存在でレスラーとしては1番弱い
ザ・ブラックホール 空中殺法(わすれちゃった。。。)
アトランティス 調整上手のベテラン(初登場が物凄いデブだった)
ミスター・カーメン 1番若く、トリッキーなところにこりすぎる
ザ・魔雲天 関節技の達人だが実戦はパワーファイトを好む
スプリングマン ご長寿で経験豊富。参謀的存在
バッファローマン パワーファイター/リーダー
– – – – – – – – – – – – – – – – –
こうして書いてみると7人の悪魔超人は職人レスラー軍団だった。
ということがわかります。
バッファローマンさんも何度もイメチェンしていて
キャラ設定に悩んでいた背景を感じますな(多分根がいい人で真面目)。
そうすると黄金のマスク編の悪魔騎士がアメプロ。って感じかな。
この辺はちょっと改めて検証したいです。

今回二代目ブドーが失敗しているところは
今のところ初代のインパクトを超えれず、真新しくもなく、
アンコ型体系なのにカッコツケてる。
ところでしょうか。

オーバーボディーなんだと思いますが
せっかくだったらマイルドマンで来てほしかったな。
と、今ふと思いました。