(2011)キン肉マン 第6話


奇跡の逆転ファイターとはキン肉マンのアオリ文句でしたけど
冷静に考えるとテリーマンもそうですね。
キン肉マンのような派手な大技もなければ
身体的特徴も肩の星と額の「米」だけっす。

哀愁ありました。

その立地の仕方から何から
なんかふざけているとしか思えないカウントダウンしてくれる
蘇生装置から
バッファローマン復活!
うーん。これは悪魔将軍とタッグを組む流れかも。

今週はそんな感じでした。

(2011)キン肉マン 第5話


ぼーっとしてたら読むの忘れてました。2012年の1発目のキン肉マン。

ついに始まった第1試合は
テリーマンのナックルバードの奇襲からスタート。
そしてほかのフェーバリットホールドがラジアルさんの
体系的な問題から全く受け付けず。

この辺ノリノリっすね。

それをとある場所から観戦する
予想外のシルエットが出てきました。
「完全引退」した悪魔将軍さん!
これはすごい。完全引退していた。という事実もすごい。
その両脇にはザ・ニンジャとサンシャインが。
ここでジャンクマンとか出てきたらば面白かったのになあ。
とも思ったりする私(ジャンクマンはけっこう好きな超人です)。
もしくはプラネットマンとか。

悪魔将軍さん曰く「非常に厄介な者」が1人まじっているとのこと。
そしてもしかしてこの流れはパーフェクト超人対悪魔超人?
歴代のヒール役が主人公級に格上げ。というシリーズになるのかも。
これは予想外。地味なスタートを切ったなあ。と、思ってましたが
そうなるとすればオールドファンにはたまらない展開です。

*近年あったぐだぐだをしないで、テンポの良い試合展開を希望します

あとは主人公は牛丼屋からの観戦。
お店は問題の「吉野家」ではなくて「すき屋」なんでしょうか。
キン肉マンは自体はもう少し後の登場でも良かったんじゃないかなー。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
この辺でキン肉マンの世界観をとっても真剣に考察してみます。

悪魔将軍が「完全引退」していた。という事実はびっくりです。
というか。これで自分は「はっ!」と気がついたのですが、
キン肉マンの世界での超人プロレスっていうのは、
悪く言うと「ヤラセ」であり「ショウビジネス」だった。
ということです。

その中で悪役たちが時に「ガチ(本気)」を仕掛けて
負傷/欠場に追い込むこともあります。

しかし悪魔将軍が6人の悪魔超人の集合体であり、
本体が黄金のマスクであった。
という設定もどうやら「黄金のマスク編」だけの設定のようです。
*2世ではミート君を触媒に悪魔将軍を復活させるというストーリーもありました

なので悪役が勝ったとして人間を支配する。
っていうくだりも現実のプロレスラーが「ぶっ殺す」とか
言っているような雰囲気と合致しているんだと思います。

ここにきてなかなか奥が深いなと思いました。

*専用リーダーの激重な件に関する解消方法がでてました。
 リーダーアプリのセキュリティをオフにすると軽くなりました。
 なんかそれっていいの?って思ってしまいますが。

(2011)キン肉マン 第4話


テリーマンの宣戦布告に応える感じで
後日の東京ドームにて7大シングル。ということになったようです。
完璧超人7名のお披露目でした。
とりあえずこの他にヘルミッショネルズ(正体不明)さんが5人くらい。

みなさん「完○」っていうふたつ名がついてますが、
うーん、この辺はなんだろ……。
なんか過去のシリーズに比べてこの地味な展開……。*注

とりあえず「ジャイアントハンター」テリーマンらしく、
対戦相手は1番巨漢のマックス・ラジアルと運命的に対戦決定。
そしてキン肉星ではカギをかけた大王の部屋の主、マドから脱出!

この後の対戦予想も付けてみます。

ダルメシマン(VS ウォーズマン)
〜これは消去法でこうなりました。もしかしてブロッケンかも。

ストロング・ザ・武道(VS バッファローマン、キン肉マン)
〜ここはラスボスなのでキン肉マンかと思うのですが、
 バッファローマンとタッグかも。

ターボメン(VS ラーメンマン)
〜機械系のトリッキーな対戦相手が多いため

クラッシュマン(VS アシュラマン)
〜悪魔超人も絡んでくるはず。消去法。もしかしてウォーズマンかも。

ピークア・ブー(VS ブロッケンJr、もしくはミートくん)
〜ブロッケンもトリッキーな相手が多いため。
 赤ちゃんみたいなルックスなんでミートくんもあり。

マックス・ラジアル( 決定VS テリーマン)
〜これは来年から対戦開始。まあ、テリーマンの勝ちでしょう。

マーリンマン(VS ロビンマスク)
〜アトランティスとの因縁から、こうなると思います。はい。

しかし選手層で言うと脱落っぽいネプチューンマンを除く
(ザ・サムライくるか?)

・キン肉アタル
・ウルフマン
・ペンタゴン
・ザ・ニンジャ
・ブラックホール
・スプリングマン(2世でも生きてるし)
・サンシャイン

まだまだ選手層は厚いすね。
王位争奪編のキャラもくる可能性もありますな。

この辺で「7人」がどう変化するのか、も見物です。
第三勢力。みたいな流れはなさそうかな。。。
もしかしたら悪魔超人軍と王位争奪編の連合とかも
良いと思うですが。

ブログで書きながら読むと物凄く深読みをしてしまうなあ。
という、嬉しくもとても恥ずかしい感じです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
*注
・超人オリンピック編
  変なでっかい手がいろいろやりましたね。
・7人の悪魔超人編
  ミートくんばらばらになる
・黄金のマスク編
  キン肉マン以外の超人が生命維持装置〜ウォーズマンの体内でバトル
・タッグトーナメント編
  アシュラマンの計略と初のタッグ編でパートナーの組み方が楽しかった
・王位争奪編
  邪悪な神様5人との戦い

(2011)キン肉マン 第3話


テーッテレテ〜。テー、テ、テ、テテー。テ〜♪
「正義超人がぼっこぼこにされながら新キャラクター紹介!」の巻。

って感じでした。
まず二代目武道の名前が「ストロング・ザ・武道」と判明しました。

うーん。。。

気になるのがイケメンポジションの敵キャラがいないこと。

バッファローマン/スプリングマン
悪魔将軍/アシュラマン
ネプチューンマン/ビッグ・ザ・武道
スーパーフェニックス/マンモスマン

といった(異論はあると思いますけど)

カッコいい悪役と、その参謀。という図式が今回ないですね。
これはII世のデーモンシード編もそうかな。

二代目武道はやっぱりイケメン悪役、にはならないです。
あと、技がなんか卑怯。

じゃあ、内容(ネタバレ)にいきます。

まずジェロニモがぼっこぼこに。
次はカナスペコンビ。
タイルマン、ベンキーマン、カレークックと懐かしキャラが標的になって終わりです。はい。

もうちょっと、詳しく書きますか。

鉄拳食らったジェロニモは喉をかみちぎられます。
「アパッチの雄叫び」は警戒されるも
技に入る前に倒せば良い。との解説付き。

カナスペコンビは2ページで終了。
これがジェロニモとの差別化とはいえ、何のアピールもなく。
と、この辺まで新完璧超人ことラージナンバーズ(無料大数)軍のアピールタイム。

ダルメシマン
ターボメン
ザ・クラッシュ
マッスル・ラジアルさんらが大暴れ。

故郷に帰ったキン肉マンと、
テリーマンとジェロニモを除くアイドル超人は「メディカル・サスペンション」
なる装置で歴戦の負傷を回復させているという説明をタイルマンさん。

ここから二代目武道の能力アピールタイム。
タイルマン以下を人間にしてしまう能力を発動!

タイルマンはやや体のでかいスキンヘッドのおっさんに!
カレークックは黒髪のインド人に!
ベンキーマンは便器をもったインカ人(?)に!

たしか2世では健在だったから最終回までには戻るんでしょうか…。緊張感が。ちょっと。ありません。
タイルマン以外の二人は人間の姿の方がイケメンです。

で、テリーマンが怒って終了です。はい。

(2011)キン肉マン 第2話


ということで内容のあらまし(ネタバレ)と感想を書きます。

自分がはじめて読んだマンガがキン肉マンでした。
プロレスというものに興味を持ったのも。ジャンプ黄金期の読者になったのも。
キン肉マンがきっかけでした。はい。

まずタイトルが「キン肉マン」で「第2話」なのですね。
うーむ。せっかく続編なんだから続編としてカウントしてほしかったような気もします。
時代設定はキン肉マン最終巻からのスタートのようです、
テリーマンの髪型がアメリカタッグ編あたりの雰囲気です。

キン肉マンはキン肉星に帰ってしまいいなくて、
テリーマンが偉い人。みたいです。
で、アシュラマン(悪魔超人代表)とネプチューンマン(完璧超人代表)と
協定を結んで平和状態のところ。

*なんかここまで書いただけでも恥ずかしくなってきましたが続けます。

正義超人ファン感謝デーのようなものが開催されているところに、
空から完璧超人が沢山降ってきました。
先頭は「ビッグ・ザ・武道」
委員長が温かく歓迎しようとしたものの、
彼らはそうじゃないみたいで、特に武道。めっちゃにらんでます。

武道の正体だった「ネプチューン・キング」が中身ではなく、
この人(超人だから人じゃないけど)は二代目なんだそうです。

早速ゆで先生の矛盾点?が爆発。
もうこういう矛盾だらけな展開が「キン肉マン」と言って過言ではないでしょう。

・「ネプチューン・キング」がボスを名乗っていたがあいつは先遣部隊の下っ端。
・ではその「武道」の姿をマネしているのはなぜ???
 (完璧超人幹部用のオーバーボディ「制服」ってこと?)

たたずまいが故・山本小鉄さん(注1)な2代目武道。

ここに立ち向かうのは元人間のジェロニモ。

でしたが、完璧超人本隊の強さを誇示するかませ犬扱いで
最後はドアップの鉄拳制裁で終了しました。

*ジェロニモってたしか王位争奪戦時、ハワイチャンプだったはず。

ここはWEB関連の話題を書くブログ、と、
決めていたので、いきなり何を書き出しているのだろうか。
と、ちょっと迷いがありながら書いてみました。

疑問点は沢山ありましたし、
まあ、30代ターゲットの緩い感じで進むと思うのですが
とりあえずあの「善良な完璧超人」がどういうポジションなのか
これから書かれるのかそうでないのか。気になりました。
一つ目の人(グレート・ハリケーンという方のようです)とか。。。

多分キン肉マンは皆さんがピンチのところにやってくるんだと思いますが。
あ。これは王位争奪編の逆になる訳ですね。納得。

あと、それこそ王位争奪編からの登場キャラは復活するのでしょうか?

さて。これは続けるべきなのかどうなのか悩んでますが多分続けていくと思います。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
注1 山本小鉄
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
新日本プロレスの鬼コーチ/解説者として知られてました。
「キン肉マンって、マスクマンなんだろ?」と、言った人。
これがきっかけでキン肉マンはマスクマンという設定になりました。

↓キン肉マン(2011年版)はこちらからか、専用のアプリで読めますよ!
http://wpb.shueisha.co.jp/cate……ory/comic/

キン肉マン 続編を閲覧するまで。


ネット上での連載でスタートしましたよ。
キン肉マン2世はなかったことに!?

http://wpb.shueisha.co.jp/cate……ory/comic/

いつの間にか第2話が配信されてました。最初は見逃した。。。
というのも「bookend」という専門のアプリでの閲覧で
いろいろと設定が大変。

とりあえずMacの最新ブラウザ環境では対応していないようです。

*FirefoxやChromeも最新版だとだめでした……。なんとも……。

VirtualBoxのWindows XPを使って見ることに。
ここまでするのが面倒で正直避けていましたが
今回話題作りとノリでなんとかいってみましたよ。

・Adobe Flash Player(最新版)
・Adobe Acrobat Reader

が必要とのこと。入ってなかったのでインストールしました。

そしてbookendが起動。。。重い!!!
とにかく。重い!
無料だから仕方ないのかな。。。

ページはスクロールで次のページに行く。
PDFを見ている感覚ですが、
多分いろいろとダウンロードできないような規制をかけているのでしょうか。

とにかく閲覧が大変でした。想像以上でした。
これは広告が入っていないですがコピーガードに力を入れました。
というところでしょうか。

*今度iPod touchのアプリも試してみようと思います。

VirtualBox上から閲覧してMacのキャプチャで余裕でしたが。。。
あ。まあ。正直ためしにやってみて、それ以上何もしてません。はい。