Flashはじめました


先週からFlashのActionScriptをはじめてみました。
Flashにトライするのは大きく人生で多分3度目。

最初は1998年?くらいかな。Flash2でした。

いろいろと斬新なのはよくわかりましたが、
そもそも僕のスキルが残念でした。
まあ、それでもなんとなく、
後日ですが、NTT関連の何かを作ったりしました。

二度目のトライ

ActionScriptがでたのが多分Flash5のときだったかと、
何年?かな。。。2000年はすぎてたか、くらい。

見事に挫折。何かがわからないかもわかりませんでした。

そして2014年。世の中は厳しいの巻

いやいや。まず、本がないです。
すっかりアプリに潰されてしまいましたね。。。

そんな中。吟味に吟味を重ねて買ったのは3冊。


デザインの学校 これからはじめるActionScriptの本


基本からしっかりわかるActionScript 3.0 (Web Designing BOOKS)


ActionScript 3.0辞典 [FlashPlayer10/9対応] (Desktop reference)

とりあえず基礎はいいや。ってことで(本当は復習した方がいいなあ)、
いきなりActionScript 3.0を学ぼう。ってことで。。。

デザインの学校 これからはじめるActionScriptの本を中心に読んでます。が、
これ、たかだか200ページで字も大きく絵も大きい。大丈夫か?
と、思いましたが意外とおさえているところをきっちりおさえてあって、
非常にわかりやすいです。ROMサンプルもついていて、今日び「ダウンロードしてね!」が多い中。
エコロジーではないかもしれませんが、個人的には非常にもろもろ満足です。

さて。。。

結果何がFlashアレルギーだったのか

冷静に自己分析するに、

「まだまだ経験が浅かった」

という事ではないかと思います。

Flashっていうのはこれ一つで基本何かしらの成果物ができてしまうもので、
デザインのセンスもまだまだだし映像に興味はあるけど作り方がまだよくわかってなかったり、
プログラミングもまだ私の「二回目の挫折時代」はcgiを書いてた頃かな。

今ならなんかまあまあ漠然と、わかる。って、思いました。うーむ。。。
こんなんでいいのかと思いつつとにかく黙々とこなすのみです。はい。

After Effects Standard Techniques 4 -Advanced Opening Works


Adobe After Effectsの解説書です。
基本操作はなんとなくわかったけど、具体的に何を作ろうかな。
みたいな気持ちでいたところに見つけました。

内容的にはとても実用的なサンプルばかりで、
すぐアレンジして使えます(そのまま使っても良いかも。。。)。

ただ、本格的な動画サイズをもとにしているので、
WEBだけにしか使わない。とか、そういう人はそこで数値のアレンジが必要です
(当たり前の話ですが。。。)。

また、サンプルと同じものを作るにあたっての要求スペックも同時に高くなります。
マシン環境の整備も必要かなあ。と、思います。

自分の動画にこういうイントロあったほうがいいなあ!
みたいな人のための本です。

After Effects Standard Techniques 4 -Advanced Opening Works

Premiere Pro CS6 ガイドブック


ADOBE CS6のPremiereの解説書を探してました。

老舗の映像編集ソフトなので、
過去バージョンに新機能がついたり性能がかわったり、
というところなので、基本内容はもちろんできあがっていて、
中の説明も基本どれもこれも右へ倣えの内容で、
ごくごく初心者向けなのかなんなのか。。。

そんな中で今回の本はAffter Effects版の方を先に購入して、
いろいろとためになりそう(全部読み切れてません。。。)で、
プレミアのほうもいいだろう!と、思って購入しました。

初心者的な内容からわりと丁寧に解説してあり、本当におすすめですよ!

去年はいろんなことを全部Affter Effectsでやっていたのですが、
少なくとも簡単なことはPremiereで十分(かつ速い)ということが、
隠すことなくAdobeソフト映像編集初心者マークなので。。。わかりました。。。

自分の感覚では、
Premiere初心者〜中級者に向けて書かれている感じです。
レイアウトもオシャレだけど、読みやすいです。
*見せ方にこだわってわかりにくい本。ってあるんで。。。

Premiere Pro CS6 ガイドブック

「文字が太る」について

  • 2012年05月18日
  • ADOBE

小さいポイントの文字をアウトライン化印刷したときに
対応解像度が低いプリンターでは文字がでっかくなってしまいます。
これを「文字が太る」と言います。

自分は「8:2」で「WEB:紙」だったので
それはもう。理解してませんでした。お恥ずかしながら。

そんなことで回避策を調べてました。

○ラスタライズ
———————————
これやるとベクターデータを放棄する。ということになります。
が、結果きれいに印刷されました。

注意点としてはデフォルトで背景が「ホワイト」になっているところ
これを「透明」にしたほうが良いと思います(場合によりますが)
解像度は300あればもちろん十分でしょう。

×ワク線0ptをつける
———————————
これは一瞬うまく行ったようにみえましたが汚くなりました。