タイ旅行、二度目


現在人生二度目のタイ旅行でバンコクに行きました。
三ヶ月ぶりにして再びです。

前回財布を落とした(というか多分盗難に遭いました)リベンジ的な目的です。
なんとか旅程の半分を終えて、多分その目的は達成できました。

今回はライブハウスに飛び込みで入って、
あとはウィークエンドマーケットに行ったくらいかな。

観光というよりは合宿というか、そういう感じでした。

そしてもうひとつ目的があって、それはただいま輸送中。

タイ旅行記 〜動画


マンボーキャバレーショウ

微笑みの国へ(5)〜最終日


緊張感から眠れずに過ごしていて、
朝5時ころにうたた寝し、朝6時半。飛び起きて出発。

宿の店員さんへお礼の手紙と
いろいろ使わなかったグッズ(マスクや冷えピタシート)をおいて帰りました。

徒歩でチョンノンシーへ。そこから電車でシーロムで乗り換え、モーチットへ。
ここからバスに乗り、ドンムアン空港へ。

時間を結構心配してましたが、余裕で到着。フライト2時間前には超余裕で着きました。

空港の手続きに戸惑いながらも10:40バンコクを離陸。無事帰国できました。

<<旅の反省点>>
・財布は3個用意する事(大きなお金は大事にしまっとく)
・下調べをきちんとする事(マンボーとか。。。)
・鉄道、バス、船。料金が定額の乗り物の知識把握(特にバスはもっと乗りたかった)
・タクシーには気をつける事(これぞ微笑みの国。微笑んで悪い事をしてきます)

こんなところかなあ。。。
次はインドに行きたいと思ってましたが、正直タイ旅行は「惨敗」なので
もう一度リベンジしたいと思います。

いろいろと自分を見つめ直す機会として、悪くありませんでしたよ。
38歳で初海外。正直遅かったです。

そして、もっと見聞を広めて、自分の意識を高めていきたいです。

微笑みの国へ(4)〜4日目


最終日は移動日なので実質4日目、最終日です。

朝7時。チェックアウトの確認をしてから出発。
サラディーン駅〜ルンピニ公園まで歩きました。

ルンピニ公園

非常に美しい景観かつ広大な面積で、非常に満足しました。
いろいろと歩いていたらば湿地帯に入ってしまい、靴がびしょびしょに。。。
これからいろいろ歩くのに、なあ。と、小さく落ち込みます。

およそ10時くらいに友達と合流し、向かう先はその人のリクエストで死体博物館へ。
もよりの駅からタクシーに乗り、向かう予定がまた小さなトラブル。

ナショナルスタジアム駅から乗って、
タクシーにものすごい回り道をされました。これで300バーツかかり。。。
僕は結構こういうのに我慢できないので、非常にイライラしてしまいました。

シリラート病院に到着し、病院内を散策して敷地内の博物館へ。
個人的にはちょっとテンション低く。というのも死体が嫌とかではなくて、
こういう系のものは正直いろいろ見て来たので、もういいかな。と。。。

で、カオサン通り→チャイナタウン→インドタウン→シローム

という予定で、ちょっと行きで嫌な思いをしたのでタクシーは嫌だなと。
ということで船移動にしました。
船はレベル高いよ。とのことでしたけど、かなり簡単に乗れ、
カオサンにもさささっと、着けました。

元あぶない街。とのことでしたが、裏通りはどうかわかりませんが、
とりあえず昼間だった事もあり、平穏そのもの。
他の場所と違うのは白人が異常に多かった事です。

そして再び船移動でチャイナタウンへ。

チャイナタウンはまさにそういう感じで、小さな中国でした。
こっちでいう浅草橋の問屋街みたいなエリアもあり、
見て回るのが楽しかったです。

そしてインド街でしたが想定と逆方向だったため、これはパス。
そのまま徒歩で散策。屑鉄屋のならぶエリアに入ってしまい、
そのまま見学しながら進み、さすがに疲れてトゥクトゥクに乗りました。

そしてシローム到着。
喫茶店でイチゴパフェを食べ、デパ地下でお土産を買い、マンゴタンゴでマンゴーセットを食べ、
そろそろポケットマネーが厳しいな。というところで、
友達と解散。

家路につきました。

微笑みの国へ(3)〜3日目


三日目は現地で合流する友達を待ち、
お昼くらいにチョンノンシーの街を散策して、
あとは宿でゲームしてました。

念のため1万円をお借りし(結果5日間30000円で過ごせましたが)、
気持ち的に楽になりました。

夕方に合流し、行った先は。。。

マンボー

これはなんて言えば良いのでしょう。ショウクラブ?
マンボーに行きました。

素晴らしいレビューの数々。そして感動のフィナーレから。。。
詳しくは書きませんが、ここで小さな地獄を見ました。

帰りはタクシーで移動。屋台でご飯を食べたあと、喫茶店でお茶して解散。

微笑みの国へ(2)〜2日目


二日目はちょっと遅めにおきました。

盗まれても良いキーボードを水没させたノートブックをもってきまして、
とりあえず仕事です。。。

しかし宿で盗難に遭う事もなく、安宿で警戒してましたが全然良かったです(個室をとりました)。
普通にいつも使ってるノートを持っていけば良かった。。。

着替えを現地調達すべく、持ってこなかったので
ただ初日のトラブルから二日目。。。

初日に帰宅してから仕方ないのでTシャツとパンツを水洗いしました。
靴下は、くさくないからいいか。。。(湿度が少ないためか、なんか汚くはありませんでした)

しかしかわかないもんですね、生乾きでした。

プラチナムファッションモールをめざし、シロームへ。

写真はチョンノンシー駅前のデジタルサイネージ。とても奇麗でした。

チョンノンシーのデジタルサイネージ

さすが中心街、人も多いし車も多かったです。

市場の飼い猫

市場の飼い猫。少しすました顔してました。

プラチナムファッションモールは激しく広く、人の多さに酔いました。
そして物価が安かったり店に目移りしたりして、結果必要最低限の買い物と決めてたのにいろいろ買ってしまいました。

シャツ3枚
Tシャツ4枚
パンツ3枚

シャツ3枚もいらんだろうに。。。

そのあと街見物でふらふらして、貧民街まで入りそうになりましたが、
これはさすがにあぶないと、引き返すのでした。

シロームのはずれ

食べ物は屋台的なところで済ませました。

微笑みの国へ(1)〜1日目


四泊五日でタイのバンコクへ行きました。お恥ずかしながら初海外。

7月近辺は雨期と聞いてましたが、全然快晴でした。
数日雨が降ったり通り雨はありましたけど、全然問題ないです。
空気も湿度が低く、熱さも気になりません。

外から帰って来たときや寝起きはさすがにつけましたが、
基本エアコンなしで過ごしました。

LCCで行きまして、ホテルには泊まらず個室のホステルを利用。

●6/30
一日目は、空港からバスにのり、モーチットというところについて、
ここで財布がない事に気がつきました。落としたか忘れたか盗まれたか。

財布の中には現金10000円、200バーツくらい、クレジットカード、スイカが入ってました。
VISAに電話したところ被害届を出しなさいと言われました。

とにかくいろいろあってチョンノンシーのホステルにチェックインして警察へ。
片言の英語で対応してもらい、なんとか被害届を書いてもらいました。

これで夕方6時。現金を別で持っていたのが幸い。所持金30,000円と、小銭が1200円ほどでした。

一眠りしてから

チョンノンシーのマッサージを
最初の一件目がすごく良かったのに気を良くして三件はしご。
ほかはもう。なんともかんとも。。。おとなしく一件目でいろいろやってもらえば良かった。

そのまま深夜徘徊を数時間。
街の食堂で初の食事。ここまで水やドリンクしか飲んでませんでした。

そうそう。エビアンが40バーツ(3.5円レートで140円)します。
これがバンコク初の買い物で「水って高いなあ。」と思ったら、他の水は7〜10バーツ。

輸入物が高い。ということでした。

バンコクの猫

深夜徘徊で見かけた猫。バンコクでは太った猫は見かけませんでした。

「サムヤーン」あたりを歩いてましたが、歩き疲れて帰りはトゥクトゥクに乗りました。
距離にして10分の道のりで200バーツを請求される始末。

そのあと変なコジキに金をせびられ40バーツ渡しました。

初海外。早速ダメダメなスタートになってしまいました。

財布は大銭・中銭・小銭とわけて持たないとですね。。。