もうすぐ一年が経過します。


要介護4の認定を受けている母は、
今「ショートステイ」という、お泊りに行ってます。

今回は約半月と長い期間行ってもらっています。

いろいろと書こうと思うと話題はてんこ盛りなはずですが、

今回は、自分の近況を書きます。

一時期「介護疲れ」「介護鬱」というような状態になりました。

いろいろな治療法を試したりする中で、
「もうこれ以上、良くならない」という現実が見えてきた時、
私自身の「心の余裕や気力体力」が消費しきっている中で、
その現実を受け入れる事が困難でした。

「もっと回復するように」やってきたことは「無駄」ではないのですが、
「無駄だった」と思うようになり、
「時間が止まってしまった」「人生が終わった」という気持ちになりました。

そんな状況からしばらくしてから、
とにかく、ひとまずは、自分の休養が必要なことに気がつきました。

腰は重りでもついたようにバッキバキだし、
今もまだ不自由ですが左足の関節を痛めてしまったり、
首まわりも固いままだし、喉には異物感が。
頭の頭皮にできものができたのは人生で初めてでした。
日中は介助、夜間はトイレ対応で睡眠ができない時期もありました。

そこで、本格的に人生停まることにしました。

まず左足の治療を中心にマッサージに多く通い、
もともと眠りが浅いという悩みがあったのですが、
週1のコラーゲンマシンの利用で熟睡できるようになりました。

ゆっくり、と、休みました。
2年数ヶ月ぶりにジムにも行きました。2時間ほど運動しました。

今ちょっとずついろいろやり始めました。
ブログもその1つです。
ただ、まだ優先順位のつけかたがわからなくて、この文章も一時期の
「こういうことやろう」「こういうこと書こう」みたいな感じにならないですね。

しばらくはこんな駄文を書いていくかもしれません。

2017年10月20日


いつまで母の意識が明確だったのかは覚えていません。

10月20日。母は脳出血を起こして入院しました。

それから数週間すると、記憶があいまいになってきました。

東京のリハビリ病院に転院。

紆余曲折あり、一ヶ月半の入院生活を終えて、
退院しようとした寸前。

脳梗塞を発症。

入院中の細かい話は今は理由があって書けませんが、
もとの母に戻ることは、年齢的にも難しいと思われます。

これからは、
対象として試せるのならば「治験」や、
保険診療の効かないものも含め、

いろいろな治療を試して、
出来るだけ元気になるように世話をしていこうと考えてます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

10月20日は母と一緒に住む部屋の契約日で
11月半ばには東京に引っ越し、
これから運動をさせたり美味しいものを食べさせたりして
元気な老後を過ごしてもらおうとしていた、
その第一歩が歩み出せた日だったはずでした。

しかし前日から電話での受け答えの様子がおかしかったのです。
今思えばそのときに救急車を呼ぶべきだったのですが……。

不安な気持ちの中。
目の前にある引っ越しの荷物を運んでました。

20日。つまり次の日の朝。携帯に何回かけても電話に出ません。
家の電話に何回かかけました。出ました。

具合が悪いような話をしていました。

そのときもまだ私は救急車を呼ばなかったので
二回目の後悔です。

結果、救急車を呼んだのは14時くらいだったと思います。

こうして母は入院生活に入りました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*何か情報交換なんかもできたらば嬉しいです。
よろしくお願いいたします。