話題の本

  • 2015年06月23日
  • book

あえてタイトルは書きませんが、とある、話題の本を読みました。
ちょっとプロット的な書き方になりますが

何が正しく、何が間違っている(いた)のか。

そして、どうしたら彼は赦されるのか。

内容については、いくつかの疑問や、違和感を感じました。
あくまで個人の意見ですが、
祖母との関係に、もっと深いものがあったのでは?と思いました。

また、複数のゴーストライターというか、
複数の人が手を入れている感じがあって、
一冊の本というよりはオムニバスな雰囲気があります。

王様の耳はロバの耳。

今まで、自分を発信する機会がなかった彼に、
そう叫ばないと気が狂ってしまいそうだった。という気持ち。
その辺は僕個人としては赦していいところだと思いました。

くさいものに蓋をする世の中にしてはいけないと、私は思ってます。
ただ、限度がすぎるとダメなのかもしれません。
その辺、どこまでが赦されるのか、そうじゃないのか。
それを誰が決めるべきなのか。

そういう葛藤について、すごく考えさせられる本でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です