寝ながら大画面を楽しむ


テレビよりもプロジェクター派です。
プロジェクターは駆動音がうるさい。鮮明じゃない。
とか、いろいろ不満を探せばきりがないのですが、
個人的には場所を選ばずに投影できてがさばらないのが良いです。
以前に天井に投影する記事を書いた気もしますが、
そういうこともできます。

仕事用に購入したASUSのプロジェクターを使っていたのですが、最大200ルーメンの実力では正直視力も悪くなったしかなりつらい。

現行品で2000ルーメンを超える明るさで解像度の高く、そこそこにかっこいいもの。ということで探しまして、
ソニー プロジェクター VPL-DW122にしました。

先に欠点をあげると台形・位置補正がついてないです。(12/31追記、正面に置いた際の補正機能はついてました。)
なので基本正面におかないと正方形になりませんし、スクリーンと垂直にしないといけないです。
あとは接続端子が少ない。自分はHDMIが使えれば良いとわりきっていたので、
これは自分にとっては欠点でもないです、無駄を削った分でコストが下がっているのは歓迎です。
モニター解像度が1280なのはできればフルHDが良かったですが、値段を考えて妥協したのでした。
あと、ちょっと駆動音がうるさいかもです。まあ、プロジェクターなんてこんなもんでしょう的な。

良いところはまずシンプルなルックス。
プロジェクターは基本的にかっこわるい形が多いです。
あと多機能に走ってゴテゴテしていたりもします。
そういうのがないです。

あとはバッグもついてたりするのは地味に嬉しかったです。

その他は自分の要望スペックに見合った値段設定だった。ってとこです。

IMG_3110

で、見た目がうんぬん。という割にはぶかっこうにつってます。
ハンガーラックにS字フックからテグスを使い、100円ショップで買って来た網
でひっかけてます。

角度を斜めにつけて壁に投影してるのですが、斜めになって落ちないように
テグスで支えてます。いつか頭に落っこちてきませんように。

ソニー プロジェクター VPL-DW122

ASUS プロジェクター DLP®LED (寿命約30,000時間)(最大200ルーメン) S1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です