IE6 アメリカでのシェアが1%以下になる


自分は先日うっかりIE8にしてしまったのですが、
冷静に考えて
IE8をアンインストールしてIE6に戻しました。
強制アップグレードってやつがどんな感じなのか見てみたくて。

IE8 or 9でチェックできないと不便と言えば不便な昨今。
特に後者はXPにはオフィシャルではインストールさせてくれません。
だからといってWindows 7を買うのも勿体ない。
なのでブラウザシェアを見てみます。と。

意外にIE8は緩やかに落ちていることがわかりました。それでも28%ありますけど。
静かなニュースとしてはChromeのシェアが伸びているとありましたがたしかに。
↑はバージョンごとのグラフですが、
アプリ単位でまとめたグラフの結果をおおざっぱに書くと

IE 50%
Firefox 20%
Chrome 20%
その他

という勢いです。で、Chromeだけがシェア上昇。すごい。

今現在のところの個人的なブラウザ用途

Macintosh
・Safari メインブラウザ/ダウンローダー
・Firefox ファイヤーバグ/モバイルシュミレーターでの検証
・Chrome サブブラウザ(用途迷走中)
・Opera プライベートブラウジング(他ブラウザと別IDでログインする用)

なのですが。はい。
だんだんこれ時間が経過するとSafariとChromeがごっちゃになります。
ちなみに↓補足。

Windows
・IE6ほか レイアウト確認
・Firefox キン肉マン読む用

(ぼちぼち力技でIE9をインストールするか……。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です