気をつけようと思った事


お預かりしたロムを読み込んでデータをコピー。
これを数枚。やってました。

最後の一枚。ガガガガガ。。。

おお。なにかやらかしたか?まずい!

と、あわてて取り出して原因が分かりました。

そのロムに(だけ)ピンクの付せんが貼ってあったのでした。。。

そこに書かれていたのは。。。

「このロムはほかと仕様が違いますので注意してくださいね」

うん。そうでしたよ。注意すべきでしたよ。
こんなギャグみたいな事やるか?ということをやってしまいました。

まず、ロムドライブの中に付せんの残骸が挟まっている事が判明しました。

このまま使っては、絶対に駄目です。

まずすきまからそれが取れるか挑戦。。。

どうやら付せんは3分割された模様。うち、2分割はロムドライブの中に。。。
で、一番大きな塊はとれて、残り。。。

結果ドライブを分解して、事なきを得ましたが、
うーん。これはだめですね。
一度軽く分解したロムドライブも今後正常に使えるかどうかも不安ですし。。。

ロムドライブの盤面にシールや付せんを貼る事はやめましょう。
特に付せんを貼る場合は、ロムのケースなどに貼るべきです。

タイ旅行記 〜動画


マンボーキャバレーショウ

会社としての目標


一日の売り上げ10万円がないと社長をやる意味がない。
お世話になっているクライアントの社長から言われた言葉です。
うち経費を30%。ということは一日7万円稼ぎなさい。という話です。

これできないなら会社員やったほうがいいと。

正直言われた瞬間。
「そんなの無理」と思ってしまいました。

月二十日間稼働で200万円。
年間2,400万円
これの30%が経費だとして、1,680万円の収入。
実現できたら非常に優秀です。

零細の制作会社として、正直「うーん」と考えるところですが、
たしかにこれくらいの心意気を持って臨まないと良くないと思いました。

しかし難しい問題には変わりないですし、本当に険しい話です。

未熟ないち経営者として、この辺真剣に考えて、
目標に到達できるよう、試行錯誤したいと気持ちを締められました、
というお話でした。

サンデーS

  • 2015年07月18日
  • comic

最近知り合った
漫画家の山崎京さんという方の読み切りがサンデーSで掲載されてます

自分も今先ほどアマゾンで注文したばかりですが、
過去の作品も読ませていただいて非常に興味を持ったので
非常に楽しみにしてます!

マウス


Logicoolのマウスが好きで、愛用してます。

Logicool MOUSE

Appleのマウスはフィット感にかけるし視覚的なものが弱いので、使いません。
なんとなくこのライトグリーンな趣が好きで、沢山買っておいたのですが、
三台のマシンで使用していて、ノート持ち歩く分へたってしまい、ないのでした。

Logicool MOUSE

ふんでもって買って来たのがこれでした。
全体的にプラスチックで軽く、従来使っていたものより平べったかったです。
ホイールは滑りが良く良いと思います。

そして今Amazonで見る感じだと、前に使ってたやつ。まだ買えるんですね。。。
おー。もうだめなのかと諦めていたところだったので、これはちょっと悩みます。

Logicool ロジクール 有線光学式3ボタン マウス M105 ホワイト

LOGICOOL 有線 レーザー式 3ボタン ホワイト LS-1WH

JBL GO


開封前

週アスの記事に触発されて「JBL GO」買って来てしまいました。
BluetoothスピーカーはMINI JAMBOXを持ってるのですが、
正直衝動買いというやつです。

オレンジのUSBケーブル

開けてみたところ。
付属品は説明書類の他はこのUSBケーブルだけ。
なんと色が一緒ではないのですね。だったら白とかで良かったのではないかな。
JBLのブランドカラー的にオレンジにしたということなのかも。

MINIJAMBOXと比較

MINI JAMBOXと並べてみました。
大きさは小さく、雰囲気はカジュアル。

IMG_2561

入出力は
・スピーカー入力
・USB
・マイク

5000円切る値段でマイクがついてるのは悪くないです!

音に関しては断然MINIJAMBOXのほうがいいです。
これは価格のグレードも違うしまあ、こんなもんかな。という感じでした。
もうちょっと低音があっても良いかと。音が軽いです。

【国内正規品】JBL GO ポータブルワイヤレススピーカー Bluetooth対応 オレンジ JBLGOORG

Jawbone MINI JAMBOX ワイヤレス Bluetooth スマートスピーカー シルバードット ALP-MJAM-SD

微笑みの国へ(5)〜最終日


緊張感から眠れずに過ごしていて、
朝5時ころにうたた寝し、朝6時半。飛び起きて出発。

宿の店員さんへお礼の手紙と
いろいろ使わなかったグッズ(マスクや冷えピタシート)をおいて帰りました。

徒歩でチョンノンシーへ。そこから電車でシーロムで乗り換え、モーチットへ。
ここからバスに乗り、ドンムアン空港へ。

時間を結構心配してましたが、余裕で到着。フライト2時間前には超余裕で着きました。

空港の手続きに戸惑いながらも10:40バンコクを離陸。無事帰国できました。

<<旅の反省点>>
・財布は3個用意する事(大きなお金は大事にしまっとく)
・下調べをきちんとする事(マンボーとか。。。)
・鉄道、バス、船。料金が定額の乗り物の知識把握(特にバスはもっと乗りたかった)
・タクシーには気をつける事(これぞ微笑みの国。微笑んで悪い事をしてきます)

こんなところかなあ。。。
次はインドに行きたいと思ってましたが、正直タイ旅行は「惨敗」なので
もう一度リベンジしたいと思います。

いろいろと自分を見つめ直す機会として、悪くありませんでしたよ。
38歳で初海外。正直遅かったです。

そして、もっと見聞を広めて、自分の意識を高めていきたいです。

微笑みの国へ(4)〜4日目


最終日は移動日なので実質4日目、最終日です。

朝7時。チェックアウトの確認をしてから出発。
サラディーン駅〜ルンピニ公園まで歩きました。

ルンピニ公園

非常に美しい景観かつ広大な面積で、非常に満足しました。
いろいろと歩いていたらば湿地帯に入ってしまい、靴がびしょびしょに。。。
これからいろいろ歩くのに、なあ。と、小さく落ち込みます。

およそ10時くらいに友達と合流し、向かう先はその人のリクエストで死体博物館へ。
もよりの駅からタクシーに乗り、向かう予定がまた小さなトラブル。

ナショナルスタジアム駅から乗って、
タクシーにものすごい回り道をされました。これで300バーツかかり。。。
僕は結構こういうのに我慢できないので、非常にイライラしてしまいました。

シリラート病院に到着し、病院内を散策して敷地内の博物館へ。
個人的にはちょっとテンション低く。というのも死体が嫌とかではなくて、
こういう系のものは正直いろいろ見て来たので、もういいかな。と。。。

で、カオサン通り→チャイナタウン→インドタウン→シローム

という予定で、ちょっと行きで嫌な思いをしたのでタクシーは嫌だなと。
ということで船移動にしました。
船はレベル高いよ。とのことでしたけど、かなり簡単に乗れ、
カオサンにもさささっと、着けました。

元あぶない街。とのことでしたが、裏通りはどうかわかりませんが、
とりあえず昼間だった事もあり、平穏そのもの。
他の場所と違うのは白人が異常に多かった事です。

そして再び船移動でチャイナタウンへ。

チャイナタウンはまさにそういう感じで、小さな中国でした。
こっちでいう浅草橋の問屋街みたいなエリアもあり、
見て回るのが楽しかったです。

そしてインド街でしたが想定と逆方向だったため、これはパス。
そのまま徒歩で散策。屑鉄屋のならぶエリアに入ってしまい、
そのまま見学しながら進み、さすがに疲れてトゥクトゥクに乗りました。

そしてシローム到着。
喫茶店でイチゴパフェを食べ、デパ地下でお土産を買い、マンゴタンゴでマンゴーセットを食べ、
そろそろポケットマネーが厳しいな。というところで、
友達と解散。

家路につきました。

微笑みの国へ(3)〜3日目


三日目は現地で合流する友達を待ち、
お昼くらいにチョンノンシーの街を散策して、
あとは宿でゲームしてました。

念のため1万円をお借りし(結果5日間30000円で過ごせましたが)、
気持ち的に楽になりました。

夕方に合流し、行った先は。。。

マンボー

これはなんて言えば良いのでしょう。ショウクラブ?
マンボーに行きました。

素晴らしいレビューの数々。そして感動のフィナーレから。。。
詳しくは書きませんが、ここで小さな地獄を見ました。

帰りはタクシーで移動。屋台でご飯を食べたあと、喫茶店でお茶して解散。

微笑みの国へ(2)〜2日目


二日目はちょっと遅めにおきました。

盗まれても良いキーボードを水没させたノートブックをもってきまして、
とりあえず仕事です。。。

しかし宿で盗難に遭う事もなく、安宿で警戒してましたが全然良かったです(個室をとりました)。
普通にいつも使ってるノートを持っていけば良かった。。。

着替えを現地調達すべく、持ってこなかったので
ただ初日のトラブルから二日目。。。

初日に帰宅してから仕方ないのでTシャツとパンツを水洗いしました。
靴下は、くさくないからいいか。。。(湿度が少ないためか、なんか汚くはありませんでした)

しかしかわかないもんですね、生乾きでした。

プラチナムファッションモールをめざし、シロームへ。

写真はチョンノンシー駅前のデジタルサイネージ。とても奇麗でした。

チョンノンシーのデジタルサイネージ

さすが中心街、人も多いし車も多かったです。

市場の飼い猫

市場の飼い猫。少しすました顔してました。

プラチナムファッションモールは激しく広く、人の多さに酔いました。
そして物価が安かったり店に目移りしたりして、結果必要最低限の買い物と決めてたのにいろいろ買ってしまいました。

シャツ3枚
Tシャツ4枚
パンツ3枚

シャツ3枚もいらんだろうに。。。

そのあと街見物でふらふらして、貧民街まで入りそうになりましたが、
これはさすがにあぶないと、引き返すのでした。

シロームのはずれ

食べ物は屋台的なところで済ませました。