寝ながら大画面を楽しむ


テレビよりもプロジェクター派です。
プロジェクターは駆動音がうるさい。鮮明じゃない。
とか、いろいろ不満を探せばきりがないのですが、
個人的には場所を選ばずに投影できてがさばらないのが良いです。
以前に天井に投影する記事を書いた気もしますが、
そういうこともできます。

仕事用に購入したASUSのプロジェクターを使っていたのですが、最大200ルーメンの実力では正直視力も悪くなったしかなりつらい。

現行品で2000ルーメンを超える明るさで解像度の高く、そこそこにかっこいいもの。ということで探しまして、
ソニー プロジェクター VPL-DW122にしました。

先に欠点をあげると台形・位置補正がついてないです。(12/31追記、正面に置いた際の補正機能はついてました。)
なので基本正面におかないと正方形になりませんし、スクリーンと垂直にしないといけないです。
あとは接続端子が少ない。自分はHDMIが使えれば良いとわりきっていたので、
これは自分にとっては欠点でもないです、無駄を削った分でコストが下がっているのは歓迎です。
モニター解像度が1280なのはできればフルHDが良かったですが、値段を考えて妥協したのでした。
あと、ちょっと駆動音がうるさいかもです。まあ、プロジェクターなんてこんなもんでしょう的な。

良いところはまずシンプルなルックス。
プロジェクターは基本的にかっこわるい形が多いです。
あと多機能に走ってゴテゴテしていたりもします。
そういうのがないです。

あとはバッグもついてたりするのは地味に嬉しかったです。

その他は自分の要望スペックに見合った値段設定だった。ってとこです。

IMG_3110

で、見た目がうんぬん。という割にはぶかっこうにつってます。
ハンガーラックにS字フックからテグスを使い、100円ショップで買って来た網
でひっかけてます。

角度を斜めにつけて壁に投影してるのですが、斜めになって落ちないように
テグスで支えてます。いつか頭に落っこちてきませんように。

ソニー プロジェクター VPL-DW122

ASUS プロジェクター DLP®LED (寿命約30,000時間)(最大200ルーメン) S1

009 RE:CYBORG

  • 2014年09月24日
  • Movie

サイボーグ009の
未完に終わった完結編を完結させよう。というもので、
簡単に言うと、見えない敵と戦う。っていう内容でした。

個人的には全身武器の004が好きで、
あんまり強くなさそうな扱いでしたので、まあ、がっかりかな。。。

話としては非常に良く出来ていて、
本当に面白かったです。

一点だけ「?」ってなったのは
009の設定が平時は永遠に高校生を繰り返して生きる。
っていうのがこれはどうなのかな、
なんでそうする意味があるのかちょっと分かりかねました。

リメイク作品としては本当に○です。
作り手の愛が感じる作品。って、本当にいいですね。

009 RE:CYBORG 通常版 [DVD]

中国女

  • 2014年09月16日
  • Movie

久しぶりにゆっくりと映画を見たのでした。
ゴダールの中国女です。

購入して手元に置いてて見るのが多分3回目くらい。かと。

すごい正直に書きますがゴダールの映画は
20代半ばくらいにいろいろと観たのですが、

アルファビルがよかった。あとはあんまし。。。
って印象があって。でも、なんとなくオシャレだから。
みたいな雰囲気で。
で、ビジュアルやキーワードにインパクトがある
この作品を買いました。って感じで。あとメインテーマの勢いが良いんです。

で、改めて見返して「若い頃は浅はかだったな」と。
近頃頭を使わない映画ばかり観ててリハビリにもなったし
いろいろと興味深い良作でした。

薄い感想

この映画が何を言いたいのか。って。
「上辺だけで物事を語るな」ってことでした。

この映画の感想を述べるためには社会主義の歴史全体を学ぶ必要があると思いました。
そういうことができない自称評論家が、多いね。

っていうのが、この映画のテーマ。

なんか今の世の中にも通じるところがありますね。

社会主義って本当に浅い知識しかなくて、
出てくるキーワードの半分以上が知らないものでした。
本当に勉強不足。

なんならこれから観直して一字一句とりあえずググって調べてもいいかな。。。

ものを作る。語る。発表する。その、「責任」。

そういうものが重要視されずコピペや薄い感想、
当たり前の意見だけがツラツラとタイムラインに流れるSNS。

いろんな人が警報を鳴らしてきた「未来」は今なんじゃないかな。と、思う次第です。
これはアルファビルのテーマも一緒だったなあ。なるほどねぇ。。。

もっと頭を使わないと、ダメだな。って、思いました。

中国女 [DVD]

2013年のシベリア超特急

  • 2013年10月17日
  • Movie

松本人志監督の「R100」が不入りのようです。
過去作品について、個人的な感想を書いてみます。

第一作目「大日本人」

個人的には好きです。
ラストのしょぼさは
お金をかけなければこんなにつまらない。
というハリウッド大作映画へのアンチテーゼなのかなと。

*
最後の方で予算がなくなってしょぼくれる作品も多いです。
潤沢な予算で作られたであろう初監督作品は、
そういうことも皮肉っているかもですね。

北野武監督は同年同時期に「監督・ばんざい!」を作ってますが、
これはこれで話が出来過ぎで、何かもちろんあったんでしょうね。
*

そういえばハリウッドでリメイクの話はどこに?

第二作目「しんぼる」

一番にまず、脱出系映画「CUBE」を連想しました、
もちろんオマージュしているんでしょうね。

びっくりするくらいの自画自賛っぷり。
トリックを駆使して上に昇る…。
吊るされたバナナを取りたい(結果バナナを手に入れた)お猿さん。
のようにも感じます。

. . . 「2001年宇宙の旅」だったのか。
とある進化の軌跡(=監督)。ということでしょうかね。

第三作目「さや侍」

言われるがままにアホなことをやる侍。
武士のプライド(=刀)持たず。
最期をむかえる。

形だけのプライドは持たずとも、
目に見えないもの(=お笑い)には真剣であった。
と、感じます。

プロデュースされている人たち。
というのはこんな感じ。ということでしょうか?
監督が映画に出ていなかった。ですよね。たしか。

ほぼ無名の人を主人公に抜擢し、
サクセスストーリー。であったと言えると思います。
つまりスターはこうやって作られ、忘れらていくものだ。
ということを映画の外にまで表現したと言えるでしょう。

2013年 「R100」

もう表題の通りです。これは「シベ超」です。

趣味丸出しなところも、「シベ超」です。
*SM好きのようですし。。。

つまり水野晴郎が100歳まで生きていて、映画作ったら、

こんな感じ。

っていうところをみせたかったのかな。と、思います。

「シベ超」を全国200館以上で公開!って、考えると、
もの凄い身体を張ったギャグですよ。

推測

松本人志監督の何が悪いのかな。
と、考えるのですが、わかりにくい?のか、わかりやすすぎる。のか。
打ち出し方が「テレビすぎる」んだと思います。

つまり漠然とした推測ですが、
無料で観る分には、まあ。。。って雰囲気なのではないでしょうか。

毎日かあさん(2011)

  • 2013年04月16日
  • Movie

西原理恵子先生原作の映画です。
大変メジャーな作品なので説明不要でしょう。

小泉今日子/永瀬正敏の元夫婦が家族を演じる。
ということでも、とても話題になりました。

写真を撮るときのかけ声。
「大爆笑!」が、印象に残りました。

アルコール依存症がおさまったところにガンがみつかり、
カモシダは基本いつも病院にいる雰囲気でした。

結果、最期まで見放すことの無かったサイバラの無償の愛。

漫画原作の実写化とかアニメ化とか、本当に沢山あって、
多くが残念な雰囲気になりがちですが、こちらはその中でも成功例です!

いろいろと見所あって、
かつ、西原理恵子先生の物語の作り方の巧さが光る。感動作品でした。

アルコール依存症というものについて、何がどう悪いのか。

依存症になる原因。カモシダの場合は
職業戦場カメラマンでトラウマを抱えたことが
大きな原因であることはなんとなくわかります。

多くの一般家庭は、漫画のネタにできるサイバラと違い、
金銭的にも精神的にも厳しいと思います。
アルコール依存症というものと、どう向き合っていくか。
というテーマはごく一般的な家庭にとって、とっても難しいことに感じます。

依存。というものは、とても大きな偏りではないか。
と、個人的には感じます。

なので、まんべんなくいろいろなものに偏る。
という言い方は日本語的におかしいかもしれませんが、
多趣味になることが依存からの脱却の手段の一つではないか。
と、漠然と感じる次第です。

趣味もものによってはお金かかるし、「趣味=>興味をもつ」ってことですから、
それを探す。って結構難しいですよね。

毎日かあさん [DVD]

トロン Tron(1982)

  • 2013年04月16日
  • Movie

ディズニー映画です。
世界で初めてコンピューターグラフィックスを導入した映画です。

個人的にはまずパッケージ。
これ映画の面白さを表現できていないように感じます。
なんかこれ。「B級でしょ。」って雰囲気でいっぱいです。
なのでずっとスルーしてきました。。。

初めてのコンピューターグラフィックス導入。

っていう「うたい文句」も正直マイナスイメージでした。

しかし「トロン:レガシー」も発表されている中で、
SF映画。まあ、チェックするか。

ということで両方観てみたわけですが、
レガシーの方も素晴らしい作品でありましたがそもそもオリジナルの出来映え。
最高のクオリティといっても良いです。

今。この現在みて。古さというものを個人的には全く感じませんでした。

人間が作ったはずのコンピュータープログラムが人間を支配し、
また、他のプログラムも支配し、世界を支配しようと目論む。

設定は極めてチープですが
その赤と青緑と黒で表現されたプログラミングの世界のすばらしさは
インパクトが強すぎてなんでこんな作品をスルーし続けて来たんだろう。。。
と、悔やむばかりでした。

シンプルな陣取りゲームの世界を、ここまで拡大解釈し、
アシッドな世界観を完成させたのが1982年。ということに本当に感服しました。
ぜひぜひチェックしてみてください。

トロン [DVD]

神様のパズル(2008)

  • 2013年04月16日
  • Movie

角川春樹事務所製作の映画です。

角川春樹さんは地面を抑えて地震をとめることができる…。
現人神としても一部で有名ですが
インタビューでそんな話をしていたときに制作されていたのが本作品です。

人間が宇宙を作ることができるのか?
ということが「神様のパズル」です。

これを人工授精で生まれた天才少女が解き明かす、というものですが、

この作品のすばらしいところは、宇宙ができるまで。
という話をわりとわかりやすく壮大にお話ししてくれるところです。

主人公は寿司屋でバイトするアマチュアミュージシャンで、
彼がとある事情から物理学を学ぶことになり、
人間的感情の欠落した天才少女へ影響を与えていく。

終盤がチープな雰囲気がありましたが、
それも含めて個人的には悪くないんじゃないかなと思いました。

この話は理数系に嫌悪感を感じるようになって来た日本全体へ、
科学って、楽しいよ!って、PRしているような一面があって、
多分それほどヒットはしなかったんじゃないかと思われるのですが、
ぜひ。一人でも多くの人に観てほしい作品だなあ。と、そう思いました。

ラノベ風の表紙のほうが、今は売れるんだろうけど、
もう少しまじめな表紙で良いんじゃないかなあ。。。

角川春樹様。といえば、現人神でもあり、すばらしい経営者でもあります。
現在ちまたにあふれかえる「ミックスメディア展開」を作り上げた人です。

一度、とある事情から一線を退き、今またご活躍されていますが、
角川映画全盛期世代の自分としては正直最近までノーチェックでした。
この映画も「ついでにみてみようかな。」と思ってたまたま手に取った次第でしたが、
本当に素晴らしい内容でした。ぜひぜひ思い出したときにでもチェックください!

神様のパズル [DVD]

無題

  • 2013年04月02日
  • Movie

ツタヤディスカスに加入しました。
一ヶ月でどのくらいレンタルできるものなのか。
ということに挑戦しています。

しかし店舗のレンタルの方が自分の環境的には良いような気がします。
というのは毎回2枚ずつのレンタルで、
これを返却して次のレンタル品が送られてくる。という形なので、

自分は特に音楽CDは10枚とか借りるタイプなので、
なんとなく満足感がありません。
かつ、おためしプランはCDが入らないので、これまた我慢というか。。。

そして返却が向こうで確認されないと、次の商品が送られてこないので
どうしても送られてきてすぐ観る!なんてできないから

・午後、商品届く
・夜観る。
・翌日朝返却
・翌々日発送(これがいつ届くんだろ?)

というサイクルだと多分3日か4日使うのかな。

第一回目発送が 3/28 で
第二回目発送が 3/31(到着4/1)でした。

3日なら、2枚×10サイクルだとして結果20枚借りれる計算?
4日なら、2枚×7サイクルだとして結果14枚借りれる計算?
これが月額2,348円なので、

うーんと。。。
旧作DVDレンタルは店頭でも1週間100円だったりするし、
↑のように急かされることも無い。ので、
これはディスカスどうなんだ!?

ツタヤ店舗に無かったCDをレンタルする。
っていうのが目的だったので、それを一通り借りたらば休会。かな。

個人的には10枚単位で貸してもらえるのであればありかな。
でもそれだと管理が大変でしょうなあ。。。(返してもらえなかったり)