微笑みの国へ(1)〜1日目


四泊五日でタイのバンコクへ行きました。お恥ずかしながら初海外。

7月近辺は雨期と聞いてましたが、全然快晴でした。
数日雨が降ったり通り雨はありましたけど、全然問題ないです。
空気も湿度が低く、熱さも気になりません。

外から帰って来たときや寝起きはさすがにつけましたが、
基本エアコンなしで過ごしました。

LCCで行きまして、ホテルには泊まらず個室のホステルを利用。

●6/30
一日目は、空港からバスにのり、モーチットというところについて、
ここで財布がない事に気がつきました。落としたか忘れたか盗まれたか。

財布の中には現金10000円、200バーツくらい、クレジットカード、スイカが入ってました。
VISAに電話したところ被害届を出しなさいと言われました。

とにかくいろいろあってチョンノンシーのホステルにチェックインして警察へ。
片言の英語で対応してもらい、なんとか被害届を書いてもらいました。

これで夕方6時。現金を別で持っていたのが幸い。所持金30,000円と、小銭が1200円ほどでした。

一眠りしてから

チョンノンシーのマッサージを
最初の一件目がすごく良かったのに気を良くして三件はしご。
ほかはもう。なんともかんとも。。。おとなしく一件目でいろいろやってもらえば良かった。

そのまま深夜徘徊を数時間。
街の食堂で初の食事。ここまで水やドリンクしか飲んでませんでした。

そうそう。エビアンが40バーツ(3.5円レートで140円)します。
これがバンコク初の買い物で「水って高いなあ。」と思ったら、他の水は7〜10バーツ。

輸入物が高い。ということでした。

バンコクの猫

深夜徘徊で見かけた猫。バンコクでは太った猫は見かけませんでした。

「サムヤーン」あたりを歩いてましたが、歩き疲れて帰りはトゥクトゥクに乗りました。
距離にして10分の道のりで200バーツを請求される始末。

そのあと変なコジキに金をせびられ40バーツ渡しました。

初海外。早速ダメダメなスタートになってしまいました。

財布は大銭・中銭・小銭とわけて持たないとですね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です