紙づかいマスターへの道 〜 デザインのひきだし 32号

  • 2017年10月07日
  • book

紀伊国屋で制作関連の書籍でも見てみようと寄ったところ
「大人気につきお一人様2冊まで」というポップつきで売っていたのが


紙づかいマスターへの道 〜 デザインのひきだし 32号

でした。

この「デジタル」だとか「ペーパーレス」だとか叫ばれる時代に、
売れてるのが「紙」特集!

結果としてペーパーレスって、進んでいるようでそうでもないですよね。
やはりデジタルガジェットが
太陽電池仕様になったりとかして、
「電池切れ」「液晶破損」「水没」など起こらないようにならない限り、
まだまだ紙は健在でしょう。

ものすごい分厚い紙のサンプル別冊つきで、
正直なところちょっと開いただけでお腹いっぱいです。

しかし世の中にはこんなに紙があるんだなあ。
って、確認するだけでもこの雑誌の価値はあると思います。

また、紙の手触りももちろん本物ですから、
その辺。質感を実際に感じることで、なんとなく落ち着きます。

デジタルにはない、肌触り。
あんまり紙の仕事をしないので羨ましいです。

しかしこうしていろいろな紙の種類があるとなると、
パンフレットなんかも本当は凝りたいなあ。と、思うところです。

この「紙」特集は2年ぶりということで、
また2年後には出るのかな。

デジタル制作の人たちも、とりあえず買っておいて
悪くないのではないでしょうか?


ページの下には紙面として使用している紙についての解説が全ページについてます。

紙づかいマスターへの道 〜 デザインのひきだし 32号
http://amzn.to/2z3Suem

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です