新規開拓の営業に困っている人たちへ


全然仕事が取れない。
そんな営業で困っている人たちへ。

私は制作あがりなので、
営業をちゃんとやったこと、ありません。
でも。なんとなく。やってきていまして。
そんな「なんとなく」の成果をテキストに起こしてみました。

参考になるかどうかわかりませんが、あなたの時間をちょっとわけていただいて、
まあ。読んでみてください。よろしくお願い致します。

とにかくあなたの話を聞いてくれる人を探しましょう

お仕事がほしい。そう思った時に、
私が探したのは「異業種交流会」でした。

とにかく「異業種交流会」に行ってみる

いろいろと行われている異業種交流会・名刺交換会。
とにかく行ってみています。

あとはなんとなく「肌に合うか合わないか」を直感で判断して、
「合わない」なら行かないことです。

飛び込み営業と違い、「ビジネスの話がしたい」人が集まる場。なので、話が早いです。
とにかく話を聞いてくれる人と、話をすること。

興味のない人に無理矢理話を聞いてもらうよりは、
私は効率良いと思います。

国のサービスに「あまえる」

そして「国のサービス」をいろいろと探しました。
サービス内容に「販路拡大」などが盛り込まれていることがある
「創業支援」を目的にした窓口へ
「新規開拓のアドバイスをください」と、お話をしに行きました。

本来は「融資」や「士業紹介」がメインの窓口だと思います。
そんなところに「仕事をください」なんて行くのは図々しい話かもしれません。

すんなりとパートナーや仕事を紹介してくれるわけではありません、
しかし、1個1個窓口を回ることで、商談の訓練になりますし、
いろいろとアドバイスをいただきました。

ぜひ、創業支援の窓口を利用してみましょう。
思いがけない出会いがあるかもしれませんよ。

他にありますか?

例えば居酒屋やバーなどで、
常連になって親しく話が出来る場所で、
ちょっと仕事の話が出たりする。

それは本当にラッキーなケースです。
友達の延長で仕事がいただける、ことはとってもありがたいことです。

あなたのその笑顔。心から笑っていますか?

初対面で、私の仕事の話を聞いてもらえるだけで感謝です。

もう、私は本当に嬉しいです。

普通に道端で会った人と、そんなことできないですもん。

だから。そんな商談の場では、私は心から楽しめます。

変な作り笑いして「疲れるなあ」なんて思ったことは、あんまりないです。

あなたが売ろうとしている、売りたいその商材は本当に良いものですか?

心から笑えない理由が「悪い商材を売っているから」だとしたらば、
個人的には転職・再考をお勧めします。

自分が「心から良い」と思えるものだから、他人に売りたい。

そういうものを売った方が良いと思いますよ。

まとめ 忘れないでください。相手はロボットやPCではないですよ。感情のある人間です。

会話は一方通行じゃ成り立ちません。

お互いがお互いの話を聞く。
一方的にオラオラ喋りまくるのは良くないです。

自分に自信がない、自分が売っているサービスを理解していない人。
ほど、マニュアルを暗記して喋る人が多いです。

マニュアルにない、もっと立体的な魅力を見せましょう。
あなたの商材を通して、あなたが見られていることを意識しましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です